誰でも美しい花が描ける?

今回は「カラー」という花がモチーフです。カラーという名前ですが、色はホワイトが一般的です。

サトイモ科、別名オランダ海芋と呼びます。江戸時代末期、オランダから海を渡ってきた芋だから海芋。長いサトイモのような形で広がっていくそうです。

カラーは修道女の服の襟元のような形からきたという説もあります。着物の襟元のような形や、反対にすればウエディングドレスのスカートのような形にも見えます。どちらにせよ、清楚で初々しい乙女のイメージですね。花と思われる白い部分は、仏炎苞と呼ぶらしい。実はがくが進化したもので、花はその奥にある黄色い棒状の部分だそうです。そういう白い花(ここでは花と呼びます)で、すっと伸びた茎。螺旋の形も綺麗ですね。

こんな美しいものを描いてみたいという気持ちは誰にでもあるのでは。しかし、絵に自信のない人は多いいはずです。でも最適な方法がありました。版画の方法で描けば誰でも味のある作品ができます。

IMG_5719IMG_5779